So-net無料ブログ作成

小惑星 “浄土平” を知っていますか? [星空への招待]

807jododaira.jpg

明るい星から肉眼では見えない暗い星まで、夜空には無数の星が輝いています。
そして、おもな星々には固有名詞が付いていて、「浄土平」という名前の星もあることをご存知ですか?

太陽をまわる火星と木星の間に、小惑星帯があります。
地球から約3億kmのところを、小惑星「JODODAIRA」が 5.3年周期の軌道で回っています。 

標高約1600mの浄土平は周囲を山に囲まれて市街地の“光害”の影響を受けにくく、空気も清浄で交通の便も良いことから、天体観測の好適地となっています。1984年まで毎年夏に開催された天文ファンの集う星祭り「星空への招待」によって全国にも知られるようになりました。

こうした背景があり、1991年に2人の日本人によって発見された小惑星7766に、天文ファンになじみの深い「浄土平」の名前が付けられることになったのです。
小惑星「JODODAIRA」は直径約5km、明るさは16等以下で肉眼では見えませんが、浄土平天文台の望遠鏡なら写真に撮ることは可能です。

浄土平の夜空にJODODAIRAを探してみるのも楽しそうですね☆彡   (あさお)

~ ~ ~ ~ ~
浄土平にゅ~す』(印刷版)No.95 (浄土平ビジターセンター 2008年8月23日発行)に掲載
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。