So-net無料ブログ作成

25.シーズン開幕によせて [星空への招待]

 今年も、上高地の新しいシーズンが始まりました。

 初めて訪れた方、何度も足を運んでいる方などさまざまと思いますが、その度ごとに新たな感動のある場所ではないでしょうか。上高地で働く私たちにとっても、何度目の入山であってもこの風景に感動し、新鮮な気持ちになります。そしてまた同じ時期でも、自然は私たちにそのたびに違った姿を見せてくれます。

 ○星空への招待○は、昨年からのつづきで第25話から始めたいと思います。上高地の自然をより楽しんでいただく為に、今年も星空に関する情報や話題を、この場をお借り して紹介させて戴くつもりです。「星空の観察会」もできれば回数を増やし、充実させていく予定です。

 ここに勤務する私たちは準備のため、一般の方たちより一足早く、4月23日に入山しましたが、晴れ渡った素晴らしい星空に迎えられたのは入山3日目の夜でした。半年ほど前の昨シーズン終了の頃は、遅い時間にならないと出会えなかった冬の星座たちが、日が暮れて間もない時刻にもう焼岳の方角に大きく傾いています。半年の間に星空も半周したことを実感します。西に傾く冬の星座と残雪の焼岳は、上高地に「春」の到来を告げる光景です。

 おまけに今年はヘール-ボッブ彗星が見えていて、遠ざかってひと頃より暗くなったとはいえ、まだしばらく肉眼で尾の伸びた姿を楽しむことができます。焼岳と西穂高岳の中間付近の夕空を探してみてください。昨年の百武彗星とこのヘール・ボップ彗星、二年連続で大彗星とめぐり逢えた幸運を、私たちはいつまでも忘れずにいたいものです。

 1997年、今シーズンの上高地は、歴史的な星空のもとに幕を開けました。

 

「マガモ新聞」No.146(1997年5月5日、上高地ビジターセンター発行)より


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。